休符の説得力

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。吉が中吉よりも上なことに、どうしても納得がいかない瓜阪です。

今日は年明け最初の学生tuttiでした。なかなか思い通りに活動できない期間が続いているので、合奏出来る幸せを噛みしめています。(寅年だけに??)
今年もたくさん合奏したいですね!本年もよろしくお願いします。

ちょっと前のことですが、ヨーヨーマのコンサートを聴きに行きました。最前列で聞く最高峰の演奏は本当にすごかったです。自分の言語能力の制約のせいで上手に表現できないのが悔しいですが、すごーって感じでした。顔文字だと(・◇・)/~~~
超絶技巧や爆発的な音量はもちろんのことながら、休符の沈黙すら妙な説得力がありました。空間を支配する音楽。なに言っても陳腐でチープな感じになるのでこの辺にしておきます。これもダサい()
休符の説得力で思い出したのですが、ドヴォ8の2楽章でもBに総休止出てきますね。レレソーレソーレ・・・みたいな。この部分かっこよく決めたいなーとか考えています。とりあえずギャップを作るために、ffガッツリ出せるように練習します!デカくて圧ある音出せるようになるのが2022年の抱負です。

追伸:幹部が始まって以来、色々な人に助けられる日々なので、この場を借りて感謝を述べたいです。最後に書くとおまけ感が出ちゃいますが、僕は好きな食べ物を最後に食べるタイプですし、傘の柄のビニールも剥がさないタイプです。何が言いたいかというと、大事なことを最後に持ってきたということです。

自分は内務に所属していて、幹部アルバム、健康チェック、水捨てなどの雑用が多い係です。20の2人がめっちゃ優秀で、しっかり仕事をしてくれるので、楽しく幹部ライフをしています笑

チェロパートでは、大学はじめの人が多いのにも関わらず、みんな真面目で、成長スピードにただただ驚かされています。他パートの足を引っ張らないように、もっと練習していきたいと思っています。

追伸2:部長が誕生日らしいです。「らしい」と書いたのは僕も人づてに聞いて自信がないからです。嘘かホントか定かじゃないですが、とりあえずお祝いしておきます。いつもお疲れさまです。

19M 瓜阪
学指揮・内務 Vc.
スポンサーサイト



クラリネット楽しい

こんばんは🌛
投稿が遅くなり、昨日分の部日誌になります!

本日は雪が降ってとても寒かったですね🌨️雪合戦なども出来て楽しいですが笑
昨日はクラリネットの先生に来ていただいて、基礎練習をしました。先生の音はとても大きくて、楽器全体を鳴らしていて...私も負けじとガシガシ吹いてみましたが、まだまだそうです💪あとは、自分の、音の間の滑らかさがないのに気が付いてしまいました...
クラリネットの楽しみ、をレッスン中に先生から質問されました。私は無難に自分の思う綺麗な音が嬉しいです。あと、実は周りと競うのも好きです笑
答えは人により様々だと思いますが、先生にとっては振動だと仰っていました。そういうのもアリか!と新鮮でした🐟色々な楽しみ方があるって面白いですね!余談ですが、クラリネットのキィを閉じるときのコっていう音が好きな人もいるらしいですね😲

今日はサ館で、教えてもらったように楽器を振動させて(させるつもりで)吹いたら、いつもより一段と楽しく吹けました。2月にまた先生にお会いするまでにパワーアップしていたいです!!

20M Cl大塚

村上先生のお体が心配です

試験が一段落したため、自分が取り組んでいる曲たちとじっくり向き合う時間が増えました。今日(12/26)の活動は眠りのtuttiだったことですし、眠りの弾き方について自分なりに考えたことを二三、書き連ねてみようと思います(バイオリンのことしか書けません、悪しからず)。

・フォルテをどう出すか
fやpが単なる音量の指示ではなく「大きい、あるいは小さいイメージで」演奏せよ、という指示であることはパート練やセク練で何回か強調しました(少なくとも僕はそう教わってきました)。「大きいイメージで弾いたら結果として音量が大きくなった」というのがフォルテが真に意味する所というわけです。「イメージ」と一口に言っても曲や楽章、さらにはフレーズごとに少しずつ違いがあります。眠りはバレエ音楽ですから、優雅でうっとりしてしまうような雰囲気が全体に流れていますよね。そこで求められる音はスラヴのような迫力ある音ではなく、混じり気のない透き通った音です。ですので、眠りでは「手の重さだけで弓を動かした時に出る自然な響き」をフォルテとしてよいのだと思います。全力を出して前のめりになって弾くのではなく、余分な力は抜いて、余裕を持って弾こう、ということです。フォルテで全力を出していたらfffやffffでガス欠を起こしてしまいますしね。アダージョのメロディーなどはフォルテの指定が付いていますが、まさに上述したような音の出し方がしっくり来るのではないかと思います。

・刻みの弾き方
眠りはゆったりとした、舞踏会のような雰囲気を出していきたい曲ですが、そこでネックになるのが「刻み」です。『序奏』(Andantinoより前)のようなキレのある曲調のものはともかくとして、『リラの精』(Andantinoより後)や『薔薇のアダージョ』のような美しく歌い上げるような曲では1フレーズの中の一音一音が長く、切れ目のないものになります。そういった曲では、刻んでいる音も伸ばした一音のように聞こえてほしいものです。でないと、刻む毎にフレーズが途切れてしまいます。ですので、なるべく多めに弓を使って音の切れ目を極力少なくするように刻むとよいのかな、と思います。

・ワルツのテンポ感
指揮者によってワルツのテンポ感は様々です。カラヤンは意外と速いですし、ヤンソンスは割とゆったりです。先日、バレエ「眠れる森の美女」を全編通して見たのですが、バレエの方の雰囲気から察するにワルツはゆったりめで演奏するのが正解なのかなという気がします。そもそも本編中でワルツが踊られているのはオーロラ姫の16歳の誕生日を祝ってのことですから、そこで踊るなら活力に溢れたワルツというよりは優雅で上品なワルツを踊りたいですよね。まさに舞踏会といった趣です。ワルツをゆったりめで弾くとなると、ただでさえ1フレーズが長いですから、相応に丁寧なボウイングが要求されて案外大変です。但し、ゆったり弾くあまりワルツの足取りが重くなる、ということは避けたいです。軽やかさは必ずしも速さを伴わないということです。バッハのソナタ2番のフーガなんかがそれに近いですかね。

眠りはあくまでバレエを踊るためのBGMですから、全体としてあまり入れ込みすぎず、さらりと弾き上げるのがよいのかなと思います。僕のようにすぐ感情的になる人間にはなかなか難しいことですが…
それでは皆さん、良いお年をお迎えください。来年も音楽に溢れた一年となりますように。

20M Vn 後藤

セク練でした

最近さらに寒くなったと思ったら今日は冬至だったんですね。今年もあと10日くらいで終わると思うと本当にあっという間でした。今年中にやりたいこともまだまだたくさんありますが、とりあえず今日はゆず湯にでも入って寝ようと思います!

こんばんは!20P Flパートの大谷です。譜面選曲係とセクションリーダーをしています。
今日の部活ではセク練をしました。メインの1楽章です。
実際にセク練をしてみると合奏ではできていると感じたところでも、微妙に音がずれていたり、パートごとに強弱の付け方が異なっていたりと細かい改善点がいろいろ見えてきます。それらを踏まえて、ひとつひとつセクションで話し合って改善していけることにセク練の楽しさを感じます。特に、今日のセク練で印象的だったのが、Eの最初の部分です。ppからffにかけての強弱やクレッシェンドのかけ方が、最初はパートによってバラバラでした。しかし、クレッシェンドの前の音の大きさやクレッシェンドのあとにどのくらい大きくするのかを話し合い、何度も合わせた結果、まとまったフレーズをつくり出すことができました!皆さんも合奏の際は、この部分の木管の音に耳を傾けてくださると嬉しいです。
その他にも、皆さんのアドバイスのおかげで自分なりの課題を多く認識することができました。
木管の皆さんは、本当に頼りになる方々ばかりで毎回のセク練で助けていただき、とても感謝しています。他の方々の演奏を聴くと、自分ももっと頑張ろうと気が引き締まります!
まだまだ未熟なセクリですが、これからもよろしくお願いします!

20P Fl 大谷

安定感がほしい

こんばんは!投稿遅れてしまってすみません…

最近平衡感覚がないことが悩みです。この前道を歩いてたら、スニーカーだったのになぜか突然こけて膝を擦りむいてしまいました。夏休み中にも一回盛大に転びました。この年になって転ぶの結構恥ずかしいんですよね。どうにかしたいです。

20P Vaパートの難波杏里沙です。幹部としては譜面選曲と、あとはもう終わったのですが外務関連でいのさいのアンサンブルを少しお手伝いさせてもらってました。今の時期はこれといった仕事は特にないのですが、年明けすぐくらいには次の定演のメインの募集をかける予定です。時の流れってはやいですね…!


今日はスラヴの学生tuttiでした。
私は大学始めにもかかわらずトップをさせていただいているのですが、ビオラパート内で一番経験年数が短い私がトップなんてやってていいのかなあなんて毎回思いながらセク練やtuttiに臨んでいます。本当に後ろや隣からの音に支えられていますし、セク練やtuttiがない日にも先輩方に1対1で教えていただけて感謝でしかないです…!いつも本当にありがとうございます。

話は少しそれてしまいましたが、今日は全体的に、前回の先生tuttiで指摘いただいた部分の確認が中心でした。先生tuttiの内容を忘れないうちにすぐtuttiで確認できるのはいいことだなあと(?)参加しながら思ってました。特にスラヴは他パートを聞くべき部分が多かったのもあって、なおさらtuttiでの確認の作業の大切さを感じました。
そして個人的にはpizzとarcoが一小節ごとに入れ替わる部分がかなり大変だと感じていて、今日の練習でも指摘されたので個人練頑張ります…!


話は変わりますが最近音部の他の学部・学年の方ともっと仲良くなりたいなーと思っています。音部に入って1年ちょっと経ちますが、未だに交友関係が20Pで留まってるのが寂しい!制限も少しずつ緩和されてきているのでごはん会とかできたら嬉しいです!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

20P Va 難波
ページトップへ