小さな意識

唐突ですが、皆さんは何のためにオーケストラに乗っていますか。

自分の演奏技術を向上させるため、練習に来て友達と話すため、ソロや少人数でするアンサンブルにはない、大人数で多種にわたる楽器の音色を重なり合わせた時にしかできない音楽を作りたいから、シンプルにオケが好きだから、など様々な回答の仕方があると思います。当然この質問の正解は一つに定まるものではなく、皆さんが答えだと思うものが答えです。

自分は、本番当日聴きに来て下さった方々が、自分たちの演奏に鳥肌立つくらい感動し、聴きに来て良かった、明日からまた頑張る活力、勇気を貰えた、と心の底から思っていただける演奏がしたくて、オーケストラに乗っています。僕のこの気持ちのルーツは、大学1年生の時に聴きに行った東京のジュニアオケの演奏会にあります。友達が乗っており誘われて行ったこの演奏会は、僕が人生で初めて聴きに行った演奏会でした。中学高校と運動部でオケどころかクラシック音楽とほぼ無縁の生活を送っていたため、当時の僕は、正直オーケストラの魅力を殆ど理解していませんでした。曲目はスラヴ行進曲、ベト2、そして大学祝典序曲でした。スラヴもベト2も素晴らしい演奏だったのですが、この時に聴いた大学祝典序曲は一生忘れません。聴き終わった後、言語化し難い、なんとも言えない感情で包まれたことを今でも鮮明に覚えています。ただ単に感銘を受けたなどという言葉では片付けられない感情がそこにはあって、それと同時に自分も舞台の上に立ち、演者の一人として、今日自分が感じたこの気持ちを、一人でも多くに人に感じて欲しい、感じてもらうためにオーケストラに乗ろうと強く思いました。そんなこんなで大学祝典序曲は自分にとって大好きで大切な曲です(多分僕がブラームス好きなのもこの体験がかなり影響しているのかなと思います笑)。亥鼻ではトップサイド、3月に乗る外部のオケではトップをやらせていただくことになっていて一段とモチベが上がっています。

ここまで、僕がオーケストラに乗っている理由や大祝への思い入れについて長々語ってきましたが、次に自分が普段の練習で大切にしていること、意識していることを伝えさせてください。オーケストラの魅力はたくさんあると思いますが、やはり最大の魅力は、一人では作ることができず、様々な楽器を用い、大人数でしか奏でることができない壮大な音楽を、それを作曲した作曲家やその時代背景に思いを馳せつつ、一から自分たちなりの音楽を指揮者やコンマス、各パートのトップが中心となりながら、演者全員で作り上げていくことだと僕は考えています。だからこそ、自分一人で音楽を作っているのではないということをもっと強く意識する必要があるし、目の前にある自分のパートの譜面を弾けるだけで満足するのは勿体なく、演奏中は自分の横の人の音も、横に座っている他パートの楽器の音も、後ろから聞こえてくる管打楽器の音も、もっと聴こうとしなければと強く思います。そして当然その為には普段からスコアを見る習慣をつけ、この部分はどこのパートがメロディーで、自分のパートはどういう役割なのかを把握→どういう風に弾くのが最適か考える→そのイメージに合致するまで練習する、というサイクルを曲の最初から最後まで事前に行っておくことが不可欠です。また今回の定演の曲は3曲とも全体的に明るい曲調であり、先日の柳澤先生セク練で先生が仰っていた「楽しそうに演奏するべきだ」という言葉もオーケストラの魅力を噛み締める上で非常に重要なことであると思います。本番はマスクを外すためお互いの表情が分かるし、普段の練習でも、指揮者含め周りの人とアイコンタクトを取り、呼吸を合わせて、自分たちの音楽を作り上げていく楽しさをお互いが共有できるように取り組んでいければ最高だし、自ずと演奏のクオリティも今以上のものになるでしょう。理想論だと思われるかもしれませんが、でもこれはできるできないの話ではなく、やるやらない、やろうとする意識があるかどうか、という話を言っています。一つ一つ、小さなことからで良いので、意識、考え方を(自分含め)変えていきましょう。

本番まで残り一ヶ月と少しとなりましたが、努力が足りなくて演奏会後に後悔するといったことが絶対にないように、そして本番は最後の一音まで大事に、丁寧に、楽しく、笑顔で終われるように、本番の状況をもっとイメージして、考えることを怠らず、入念な準備を積んでいきたいです。

20M Vc パートリーダー 会計 梅津和明

スポンサーサイト



定演お疲れさまでした!

ロレンス神父が駆けつけた時には、何もかも、あとの祭り。ロミオが死に、それを追うようにジュリエットも死んだ。神父の計画では、42時間後に目を覚ますジュリエットをロミオが迎えにくる手はず。一見上手くいくかのように思えた彼の作戦は、何もかも上手くいかず、物語は終わりへ向かっていきます。

 

自分は途中入部した直後にコロナ禍に見舞われ、せっかく入部したのに定演も合宿も出来ずじまい。呆気なく奪われていく機会にやるせなさを感じていました。結局2年間、計4回分の定演が潰れましたし、もし最初から入部していたら、もしコロナが無かったら、あるいは、もっと早くみんなと仲良くなれたのかもしれません。ただそれでも、自分が選んだ選択を正しい選択にするために、腹くくった日々を過ごせた自信はあります。

 

特に2年間の学指揮は心理面で占める割合が大きかったです。学指揮と言ったものの、だいぶひよっこで、「ガクシキ」みたいな感じでしたが、レッスンついて、スコア読み込んで、先生tuttiの動画繰り返し見直して、曲の解像度が少しずつ上がっていきました。 役職柄、偉そうに人前で喋ることが多かったですが、伝えた内容をすぐに再現してくれたし、この部分良くなったな、みたいな箇所が本番でもたくさんあって、なんだかとても嬉しかったです。

 

曲内容に関しては、学生tuttiでも時間を取れたし、曲紹介の方でも書いたので1か所だけ。

曲の終盤、ハ短調から始まるAmorosoと記されたフレーズがあります。短調かつ「愛情豊かに」とあえて指示されていて、面白いなと感じると同時に、チェロ・ファゴットの後に、フルート・オーボエが続くのが、もう一度叫ぶロミオと、それに応じるジュリエットを意識しているのではと思っていました。(しかも練習番号がRomeo”R”!クレッシェンドしていくVn, Vaの刻みは心臓の鼓動かのようです。)

 

もしも手紙がロミオに届いていたら、薬屋が毒薬を売らなかったら、そもそも両家が対立していなかったら…自分たちにはどうすることも出来ない運命に翻弄されながらも、愛を叫び、必死に流れにあらがう姿が、愛深き短調に現れたのではないでしょうか?


やはり幹部最後の演奏会となると感慨深いです。まだ終わりたくないなと思いながらも、戻れない五線譜の上を押し流されて、気づけば最後の小節線を跨いでいました。流されると言えば、幹部が終わり、徐々に音楽部の本流から外れていくことに、少なからず寂しさを感じています。幹部上になっても顔を出しますし、サ館にも行くので、構ってくれると嬉しいです笑

 

最後に謝辞。

幹部のみんな、お疲れさま。

内務、2人と幹部できて幸せでした。

チェロ、これからも一緒に頑張りましょう。

指揮・トレーナーの先生、先生練楽しみにしていました。

先輩同期後輩ありがとうございます、また機会あれば飲みたいです。

んー終わってしまうと案外簡単な言葉に落ちついちゃいますね。それもまたもののあはれ。


兎にも角にも、定期演奏会、お疲れさまでした!!

 

 


学指揮 幻想序曲《ロメオとジュリエット》

チェロパートリーダー 内務

19M 瓜阪 竜也

コツコツと

投稿するのが遅くなりすみません。
今回部日誌を書かせていただきます、22Nチェロパートの後出莉帆です。
初投稿なので、自己紹介から始めたいと思います。

私は中高オーケストラ部でトロンボーンをやっていました。高校の部活を引退したときは、大学では音楽から離れて音楽以外の新しいことに挑戦しようと思っていましたが、やっぱり音楽を演奏する楽しさから離れることはできず、大学でもオーケストラを続けることにしました。新しいことを始めたいという気持ちは変わらなかったので、トロンボーンではなくチェロを始めました。チェロを選んだ理由としては、中高の時からチェロの音色やオーケストラでの役割などがとても好きだったからです。今はこうしてチェロパートに入れていただくことができ、憧れのチェロを弾けていることが嬉しいです!

先日の練習では、先輩にフィンランディアを教えていただきました。中高の時はパートに先輩がいなかったので、パートの先輩に教えていただけるというのがいまだに新鮮で、とても嬉しいです!苦手だった部分も少しずつ、遅いテンポではありますが、弾けるようになってきたかなと思います。まだチェロを上手に演奏することはできていませんが、ゐのはな音楽部でたくさんの曲を演奏することができるように、コツコツと練習を頑張っていきたいと思います!

文章を書くのがあまり得意ではないので、読みにくい文章になってしまったと思いますが、最期まで読んでいただきありがとうございます。これからよろしくお願いします!

22N後出

憧れの存在

初めまして。今回部日誌を書かせて頂く、22Nチェロパートの白石有咲です。
初回と言うことで自己紹介から始めさせて頂きます。
私は中学高校とオーケストラ部でオーボエを吹いていました。大学入学当初は「音楽以外の新しいことを始めたい!」と思っていたのですが…音楽部の体験に来て、楽器に触れたり、先輩方の温かい雰囲気に触れたりするうちにいつの間にか入部していました。そしてずっと憧れていたチェロパートに入らせて頂きました。「チェロは低音も高音も出せるかっこいい楽器だなあ」とオーボエを片手に思っていたので、今チェロを弾けていることがとても嬉しいです!もちろんオーボエも好きなので、ヘルプでオーボエを吹かせて頂いてるときは、心移りしていたりします笑大好きな2つの楽器で素敵な音色を届けられるように、練習を頑張ろうと思います!
長くなりましたが、昨日の活動についてお話します。昨日は千葉文化会館で練習しました。チェロパートには先生が来て下さいました。先生が弾き方を直して下さる度に、音色がガラッと変わるのでとても感動しました。そして「私も先生のような音色が出せるようになりたいなあ」と憧れを抱きました。まだまだ至らない所がありますが、少しずつ成長していけたらと思います!
22N 白石

音を聴けるように

投稿が遅くなってしまい申し訳ございません。
今回部日誌を書かせていただきます、22Mチェロパートの
鹿歸瀬 伶(かきぜ れい)です。
初投稿ですので自己紹介からはじめたいと思います。

自分は小中高と吹奏楽でトロンボーンを演奏し、大学入学を機に新しくチェロをはじめました。チェロを選んだ理由は弾いてる姿のかっこよさと音の渋さに魅力を感じたからです。また自分は鹿児島出身で、都会に行きたいという思いのもと千葉に来ました。ここに来てから約3ヶ月が経過しましたが、自分が千葉に対して抱いていたイメージは凡そ幻想であったことを認識しつつあります。。。千葉での日々は思い描いていたような生活とは少し違いましたが、いのはな音楽部での活動はとても楽しいです。

今日の練習内容は先生のtuttiでした。自分はフィンランディアの演奏で前半だけ参加したのですが、エネルギー溢れる演奏についていくので必死でした。自分の中にチェロ・弦・オーケストラの音のイメージを確立させるためにもとにかく周囲の音を聴くことだけは大事にしたいと思うのですが、つい指や弓、譜面に意識を取られてしまいます。オーケストラの一員として音楽作りに参加できるよう日々練習を積んでいきたいと改めて感じました。

最後に、ここまで読んでいただきありがとうございました。改めてこれからよろしくお願いします。

22M鹿歸瀬
ページトップへ