はじめてのせんきょくかい

お疲れ様です!Trpパートの23N田中志歩です。

今日、金セクでは益岡さんと謝肉祭のセク練をしました。そこで前回の先生tuttiで金管内のバランスが取れていなかった(下が大きくて上が小さい)という指摘を受けました。そのtuttiでは私がトップの代奏をしていました。あまり吹きなれていないのとその後のチャイ5のためにセーブしていたのもありますが、「音量」は永遠の課題です。音楽部に入部してから、マウスピースを変えたり一音ずつ響く唇のポジションを研究したりして来たのですが、これからは曲ごとにより「届く音」を追求していきたいです。

そして今日は初めて選曲会に参加しました!そこでは思っていたよりも熾烈な戦いが繰り広げられていました。曲の編成、やりたいパート、やりたくないパート、初心者が乗りやすいかどうか、メインとの兼ね合い、選曲者の思い、、、
演奏会で演奏される曲たちは沢山の関門を突破して来たのだな、と愛着が湧きました。次の選曲会では私も好きな曲を演奏会に乗せてあげられるように、もっと勉強して行きます!

23N田中志歩
スポンサーサイト



演奏は1人じゃできない

 お疲れ様です!今回の春定でメイントップを務めさせていただきます、Trpパート23N青木萌々歌です。今日はアンコールとチャイ5(1.2楽章)の先生tuttiでした。

 私自身、メイントップをやることが決まった時、本当に覚悟があるのか、自分で自問自答していました。1stを吹いてみたいという中途半端な気持ちだけでは、トップの役割は務まらないと思っています。この半年感、私なりにチャイ5と向き合って、チャイコフスキーはこの場面では何を伝えたいかなど調べてみました。フレーズの背景や意味を知っておくと、ただ楽譜とにらめっこするよりも、どうゆう風に吹けばいいのか理解が深まります。そして、練習していく上でいつも実感することがあります。それは、たくさんの人の支えがあるから曲が成り立っているということです。例えば、Trpがメロディーで吹いている所も、他のパートの裏メロやリズム隊、伴奏があるからこそTrpのメロディーが華やかに際立って聞こえるということです。『個人プレーに走らない』というワードがありますが、前文の意識を持つだけでだいぶ変わると思っています。まわりとの一体感を持ちながら、その中でも今自分はどのくらいのレベルの音量を客席に届けるべきかを考えて演奏しようと思っています。
 1年生でまだまだ未熟ですが、だからこそ、この春定でチャイ5で成長したいと思い、メイントップをすることに決めました。そしてその役割を全うできるように日々努力中です。合奏中に音が小さい!!と先生に言われ、凹むこともありましたが、その的確な指導や指摘には感謝しかありません。先生以外にも、先輩たちや同期にも感謝の気持ちでいっぱいです。先輩たちのアドバイスや多くの人の支えのお陰で1日1日、本番に向かって進歩を続けられています。私はこのおんぶの温かい雰囲気が大好きです。本番までに自分自身もっと改善して、本番では1番良い演奏をしようと思っています!あと2週間"しか"じゃなくて、2週間"も"練習できます。

 長くなりましたが、最後まで見ていただきありがとうございました..! これからもよろしくお願いします!最後は笑って終われるように全力で頑張ります!!

23N青木萌々歌

レプレ初合わせ

はじめまして!Trpパート23Nの田中志歩です。これからよろしくお願いします。中高吹奏楽部で中学校ではユーフォニアム、高校ではトランペットを吹いていました🎺楽器を変えた理由は「何となく」ですが、オケにユーフォはないので運命だったのかも?と思っています。私の出身地は岐阜県の高山市で、実は日本一広い市です。(ほぼ山ですが。)もしかしたら飛騨高山という言葉なら知っている人もいるのかも?知れません。映画館は無く、私が高校の時通学に使っていたバスは右回りと左回りで1日に4本ずつしかありませんでした✨千葉はなんでも揃っていて嬉しいですが、田んぼが恋しい気もします。私が通っていた斐太高校には「白線流し」という卒業式の後に女子はセーラー服の白いパータイ、男子は学帽の白線をクラスのみんなで1本に結んですぐ側の川に流すという伝統行事があります。(残念ですが流したものは少し下流で冷たい川に入った先生に回収され捨てられます。)これがスピッツの『空も飛べるはず』が主題歌の有名ドラマにもなっていることが少し自慢です。吹奏楽部は部員の減少に歯止めが効かず、今年は小編成になったそうですが頑張って欲しいです💪🏻
長々と自分のことばかり書いてしまいすみませんでした。今日はレプレの初合わせがありました。セク練や管打練では空白だった場所に弦の音が入り、オケ初心者の私は少し圧倒されてしまいました。そしてこれから何度もtuttiを重ねて皆さんと演奏を一つにしていくことが本当に楽しみになりました。実は私レプレでTrpのトップを担当させて頂いています。まだまだ課題だらけですが、やらせて頂くからには9月には必ず良い演奏が出来るよう練習に励みたいと思います。ここまで読んで頂きありがとうございました。皆さん、よろしくお願いします!
23N田中志歩

おんぶのマーク、気付きましたか?

こんばんは。夜分にすみません。
広報20P、Trpパトリの入山です。
今回の部日誌の内容を考えていて、何となく長くなるような気もしていますが、ご容赦ください。


広報としては、ポスター制作とカウントダウンを担当していました。絵心は皆無でしたが、アプリの力を借りながら、選曲テーマや作曲の経緯などに沿って、何とか形になるものは出来たかな、と思っています。カウントダウンも皆さん撮影にご協力いただきありがとうございました。数字を入れたり、人間を合成したりと、全体的に写真加工技術が上がった気がしています。(今後どこに活きるかは謎ですね)
余談ですが、実は今年のポスターには共通点があって、おんぶのマークを入れています。ポスター制作にはここに最も時間がかかりました。(元の黄色い状態から手書きでぬりぬりしているからです)手書き以外でぱっと塗れる方法ありませんかね…?物理的に時間をかけて塗ったので、ポスターのマークの部分に愛着が湧いています。


それはさておき。私は小4で楽器を始めて、中高6年間吹奏楽部にいました。正直なところ、毎日部活が当たり前だった高校時代が1番上手かったのかなと思います。今は毎日練習は出来ませんし、自分を限界まで追い込んで練習することはないので、年々下手になっているように思えます。特に調子の悪い日はテンションもモチベも下がります。また吹奏楽よりも、オケでは良い音質や音色という点にこだわることが必要なので、今まで自分の音質面で目を背けていた部分がはっきり露わになると、結構萎えます。そんな私でもメイントップやソロなどを任せて頂ける、おんぶの環境がありがたいです。下手ながら今後も細々と乗らせて頂けると嬉しいです。。


少し話は変わりますが、おんぶにはいわゆる練習がち勢もいれば、友達と楽しくやれれば満足な人もいます。上手く共存できているのか正直私には分からないですし、客観的に見て、たまに小さなところで衝突を感じる時もあります。しかし考え方は人それぞれですが、おんぶ全員に共通することとして、自分の楽器が好きなことが挙げられるのでは、、?と最近気付きました。モチベに関わらず、自分が選んだ楽器を根本から嫌いな人はいないはずです。今回の演奏会も、もちろん技術的にベストな演奏をお客様にお届けしたいですが、それ以上に自分たちの楽器が好き!という気持ちが表現出来ればいいのかな、と思います。


やはり、、長くなりました。まとまりがなくすみません。楽器が好きという気持ちが伝えられる演奏会に出来るよう、あと1週間がんばりたいと思います。


広報20P Trp 入山

最後の部日誌

昨日は通い合宿お疲れ様でした。
20N Tp 阿部日向子です。
役職は、外務練習場所(講堂予約)担当です。私は総務と連絡をとってただけです。いちいち金子さんに確認してたので、今考えると金子さんの仕事が2倍になってただけでした。許してください。

なんでこんな日に部日誌を投稿しているのかというと、普通に確認不足です。私が投稿すべきだった日をすっかり忘れていて、同じ日の鎌田瑞希には裏切られたので、あ〜最後の部日誌書けなかったな〜くらいに思っていたのですが、昨日、練習で『まあ、最後だし書けば?』って言ってくれた同期と『え!部日誌読みたいです〜〜!』って言ってくれたかわいい後輩達がいたので、結局最後は瑞希に背中をおされて書くことにしました。私の性格をわかっている人達は多分またやってんな〜こいつくらいに思っていることが想像つくのでそのくらいで見てくれると嬉しいです。

正直、私も部活めちゃくちゃやりたい!っていうタイプではないので、練習も休んでしまったり、無理〜できない〜みたいなことをさんざん言ったりしていました。でも、音楽部の人が好きだったし、なによりもトランペットが吹くのが好きなのでそこでモチベを保って部活に行っていたような気がします。トランペットもなんだかんだ今年で9年吹いているので、幹部代が終わって、実習が始まって、あんまり吹けないのかと思うと少し寂しいです。だから、実習の合間をみて部活しに行こうかな〜なんて思ってます。

幹部代最後の演奏会で、私は前メインにのっています。メインはトップなのですが、なんでこんなパワー!!みたいな曲でトップになってしまったんだろう、、って今でも思ってます。昨日の通しでもめちゃくちゃ間違えまくって、本番6日前なのにと焦ってますが、残りの期間気合いで練習して本番は悔いのないものにしたいと思います!

最後に感謝を伝えて部日誌を書き終えたいと思います。こんなやる気のない私がここまで部活を続けてこれたのは音楽部のみなさんのおかげです。優しい先輩方と笑って許してくれる同期とかわいい後輩に支えられてました。特にトランペットパートのみなさんには感謝してもしきれないくらいです。私はパートで話している時間が1番楽しいと思うくらいパートのみなさんが大好きなので、そういう環境にしてくださったことめちゃくちゃ感謝してます。本当にありがとうございました。またパート会しましょうね!

結局、長々書いてしまいましたが、読んでくださった方ありがとうございました。
幹部代最後の演奏会頑張りましょう!
残りの期間は少ないですが私も練習頑張ります!

20N 阿部
ページトップへ