金管が輝けるラインナップ

こんばんは!22NTrbの森あさひです。
本日の練習は指揮者の村上先生を迎えての謝肉祭とチャイ5の4楽章のtuttiでした!
金管の皆さんが生き生きしていたのが印象的でした!私としても、お休みが比較的少ない構成の2曲だったのでtuttiに参加している感がものすごくありました。しかし楽しいことには何かしら試練はつきもので、この曲のラインナップはだいぶきついんです…。今回の春季定期演奏会で演奏する中曲のハイバリの編成にトロンボーンがないため、本番は前曲とメインの間で少し口を休めることができるのですが、練習となるとなかなかそうはいかず口を酷使する2時間半となりました。
ただ、疲れたとはいえとても楽しいtuttiでした!なぜってそう、村上先生の謝肉祭のテンポが早い!私は2ndなのでゆっくりめのテンポだと音がぼやけてしまいがちで、若干表現のニュアンスがつけにくいな〜と練習の際に感じていたのですが、テンポが早くなったことで息のスピードも上がり表現がつけやすくなりました。とはいえそう感じると言うことはまだまだブレスのコントロールがうまくできておらず、一歩間違えばぞんざいな吹き方になってしまう可能性を大いに孕んでいるので、これからも練習に精進したいと思います!
最後にずっと気になっていることを一つ…私は9年間吹奏楽をやってきた人間なのでオケの世界ではまだまだひよっこということもあり、これが果たして正しいのかどうかはわかりませんが、チューニングは音程だけでなくて音色やニュアンスを合わせるものだと思うんです…。それができるようになったらもっとオケの完成度が高くなるのではないかな〜と思っています!
なんであれ、本番に向けて磨き残しのないように色々頑張っていきたいです!

ここまで拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました!

22N 森あさひ
スポンサーサイト



ページトップへ