チャイ5だなぁ

お疲れ様です。
今回の春定でコンバスのメイントップを務めます23Pの飛石健吾です。「こう弾きたい」が沢山あるのに、まだ技術が追いつかず凄くもどかしいです。

今日は村上先生にお越しいただき、前中の練習・メインの通し練をしました。

(多分)初めてチャイ5を通しました。まだ課題はたくさん残っていますが、それを抜きにして今日は改めて「チャイコフスキーの交響曲第5番はいい曲だなあ」と感じることが出来ました。通しもあるということで今日は合奏前に「今日は死ぬほど集中する」と個人的に意識して臨みました。曲の中でココ!ってところを必ずバチッと決めようと集中しました。まだまだ至らないところは沢山あるので残り少ない時間で修正したいですね。でも、通さないと分からないことってありますよね。「なんでそこで譜めくりする!?」とかですね。

僕は昔から合奏する上で常に顔を上げるようにしてます。指揮を見るのはもちろんですが、立ち位置的にも各パートを要所要所で見渡してます。同じ動きをしてるパートを見たり、入りを合わせるためにアウフタクトを演奏してるパートを見たり、掛け合いのパートを見たり、休みの時は好きな動きをしてるパートを見たり。目から入る情報ってやはり大きく、色々な気づきがあって面白いです。「指揮者はここでこっち見てキュー出して来るだろうな」という所ではこちらから睨み返したり(睨むというか…分かってますよ的な)。多分みなさんも暗譜してると思うので、残り10日ちょっとですがやってみてください。

このチャイ5は僕が楽器をを始めた小4の時から「いつかやりたい」「この曲を演奏するまでは死ねない」という曲でした。なので今回演奏できていることがとても嬉しいです(ホルンでは無いですが)。なので悔いなく終えられるよう、残りの練習を大切にしていきたいです。

長々と失礼しました。次の練習も頑張りましょう。

23P Cb 飛石健吾
スポンサーサイト



はじめてのせんきょくかい

お疲れ様です!Trpパートの23N田中志歩です。

今日、金セクでは益岡さんと謝肉祭のセク練をしました。そこで前回の先生tuttiで金管内のバランスが取れていなかった(下が大きくて上が小さい)という指摘を受けました。そのtuttiでは私がトップの代奏をしていました。あまり吹きなれていないのとその後のチャイ5のためにセーブしていたのもありますが、「音量」は永遠の課題です。音楽部に入部してから、マウスピースを変えたり一音ずつ響く唇のポジションを研究したりして来たのですが、これからは曲ごとにより「届く音」を追求していきたいです。

そして今日は初めて選曲会に参加しました!そこでは思っていたよりも熾烈な戦いが繰り広げられていました。曲の編成、やりたいパート、やりたくないパート、初心者が乗りやすいかどうか、メインとの兼ね合い、選曲者の思い、、、
演奏会で演奏される曲たちは沢山の関門を突破して来たのだな、と愛着が湧きました。次の選曲会では私も好きな曲を演奏会に乗せてあげられるように、もっと勉強して行きます!

23N田中志歩

演奏は1人じゃできない

 お疲れ様です!今回の春定でメイントップを務めさせていただきます、Trpパート23N青木萌々歌です。今日はアンコールとチャイ5(1.2楽章)の先生tuttiでした。

 私自身、メイントップをやることが決まった時、本当に覚悟があるのか、自分で自問自答していました。1stを吹いてみたいという中途半端な気持ちだけでは、トップの役割は務まらないと思っています。この半年感、私なりにチャイ5と向き合って、チャイコフスキーはこの場面では何を伝えたいかなど調べてみました。フレーズの背景や意味を知っておくと、ただ楽譜とにらめっこするよりも、どうゆう風に吹けばいいのか理解が深まります。そして、練習していく上でいつも実感することがあります。それは、たくさんの人の支えがあるから曲が成り立っているということです。例えば、Trpがメロディーで吹いている所も、他のパートの裏メロやリズム隊、伴奏があるからこそTrpのメロディーが華やかに際立って聞こえるということです。『個人プレーに走らない』というワードがありますが、前文の意識を持つだけでだいぶ変わると思っています。まわりとの一体感を持ちながら、その中でも今自分はどのくらいのレベルの音量を客席に届けるべきかを考えて演奏しようと思っています。
 1年生でまだまだ未熟ですが、だからこそ、この春定でチャイ5で成長したいと思い、メイントップをすることに決めました。そしてその役割を全うできるように日々努力中です。合奏中に音が小さい!!と先生に言われ、凹むこともありましたが、その的確な指導や指摘には感謝しかありません。先生以外にも、先輩たちや同期にも感謝の気持ちでいっぱいです。先輩たちのアドバイスや多くの人の支えのお陰で1日1日、本番に向かって進歩を続けられています。私はこのおんぶの温かい雰囲気が大好きです。本番までに自分自身もっと改善して、本番では1番良い演奏をしようと思っています!あと2週間"しか"じゃなくて、2週間"も"練習できます。

 長くなりましたが、最後まで見ていただきありがとうございました..! これからもよろしくお願いします!最後は笑って終われるように全力で頑張ります!!

23N青木萌々歌

譜面と現代文

こんにちは!22M Fgパートの岡田です。今回の定期演奏会ではメイントップを務めています。

前回の練習は通い合宿でした!やっぱり通い合宿はかなり疲れますね...。自分は終わった後に10時間くらい寝てしまいました。部活後にあったご飯会も楽しかったです!企画してくれた方に感謝です。
大して部活の運営には関わっていないので今回は部活とか演奏をやってて感じたことを書いていきたいと思います。ようはポエムです。

演奏の当初から気付いてはいたのですが、やっぱりチャイ5はとんでもなく難しい曲ですね!ファゴットはいつになくソロが多めで毎楽章緊張してtuttiをやってます。ただ初期の頃とは感じてる難しさの質が違うような気がしてます。

最初は譜面に書いてあることを演奏すること自体に難しさを感じていました。例えば(今も少し感じていますが)早くて指が動かせないとか、高音が出しにくいとかですね。今は慣れもあってかこういった問題は解決しつつあります。ただ譜面に書いてあることをただ演奏するだけではどうしても演奏自体がチープになってしまいます。なので最近は譜面に書いてないことの表現に難しさを感じてます。例えば上手い人って譜読みの段階で「ここは暗く演奏しよう」とか「ここは重ために」とか考えてるとおもうんですよ多分。これが楽器初めて2年くらいの自分にはめちゃめちゃ難しい。この間上手い人と話したら譜面を解釈するときはその部分の前後との関係などを意識したり、作曲家の歴史的背景を参考にするようです。

そこで思ったのですがこれは文章を読むときと一緒ですよね。現代文とかでやったかもですが分からない文章があったら前後関係で文脈判断するじゃないですか。それと同じだと思ったんです。作者の歴史的背景にしろ譜面を作り上げた環境という意味で広義の文脈に含まれてもいいはずです。考えてみれば文章にしろ譜面にしろ記号列という意味では一緒ですから当然文脈判断が効くんですよね。ただ文章をほとんど読んだことが無い人が難しい評論を理解することが難しいように楽器の初心者が譜面を解釈をするのはとっても難しいことです。ただこういう譜面の解釈って楽しいと思ったりもします。やっぱり文章もそうですけど解釈ってその人の個性がめっちゃ出るじゃないですか。他の人の演奏を聴いて「この人はこう弾くのか」って気づくのは楽しいと思います。とくに体全体で自分の弾きたい演奏をする人はとても魅力的に感じます笑!

そんなことを考えながら自分は日々のtuttiをやってます。これからも皆さんの演奏を楽しみにしつつ自分の演奏も頑張りたいと思います!

22M 岡田




体は動いても頭は冷静に

こんばんは!22M Vaパートの齋藤です。幹部ではないですが、今回のメイントップということで部日誌を書かせていただくことになりました。

今日はチャイ5のセク練と、アンコールのtuttiでした。チャイ5はもうだいぶ慣れてきたので、今日みたいに同じところを特訓する回は色んなことに気づけて良かったです。アンコールは初合わせだったのであららって感じでしたが、本番は笑顔で楽しく弾きたいですね!

大した仕事もしてなくてあまり書くことがないので、今更ですが意気込みとか書きます。
トップとして大事なことは冷静さを失わないことかなと思います。先生や先輩から最近言われてることですが、トップは後ろに合図だけ出して、弾くのはそんなに頑張らなくていいらしいです。どういう風に弾きたいか、体では大袈裟に表現するけど、弾くのは普通に弾けばいいらしいです。むず。でもチャイ5に関しては、私はビオラパートのみんなを信頼しきっているので、頑張りすぎない方針でいきますね! あとは周りをよく見るのをがんばります。私の楽譜には👀と👓のマークがいっぱいあるので、いっぱい見なきゃです。本番までにどこまで暗譜できるかなあ。
どうでもいいことですが、私はその時の気分で👀か👓を書き分けています。せっかくならうまく使い分けたいですね、どう使い分けたらいいんでしょうか。

テストを言い訳に最近あまり楽器を弾けていませんでしたが、この前誰かさんに楽器は毎日弾くべきだと言われて、ぐうの音も出ませんでした。確かに。ようやくテストも終わったので、毎日サ館には行けなくても、楽器は触ろうと思います。

急遽回ってきたので全然まとまっていないですが、最後まで読んでいただきありがとうございました。春定まであと1ヶ月がんばりましょう〜!

22M 齋藤瑞姫
ページトップへ