チャイ5だなぁ

お疲れ様です。
今回の春定でコンバスのメイントップを務めます23Pの飛石健吾です。「こう弾きたい」が沢山あるのに、まだ技術が追いつかず凄くもどかしいです。

今日は村上先生にお越しいただき、前中の練習・メインの通し練をしました。

(多分)初めてチャイ5を通しました。まだ課題はたくさん残っていますが、それを抜きにして今日は改めて「チャイコフスキーの交響曲第5番はいい曲だなあ」と感じることが出来ました。通しもあるということで今日は合奏前に「今日は死ぬほど集中する」と個人的に意識して臨みました。曲の中でココ!ってところを必ずバチッと決めようと集中しました。まだまだ至らないところは沢山あるので残り少ない時間で修正したいですね。でも、通さないと分からないことってありますよね。「なんでそこで譜めくりする!?」とかですね。

僕は昔から合奏する上で常に顔を上げるようにしてます。指揮を見るのはもちろんですが、立ち位置的にも各パートを要所要所で見渡してます。同じ動きをしてるパートを見たり、入りを合わせるためにアウフタクトを演奏してるパートを見たり、掛け合いのパートを見たり、休みの時は好きな動きをしてるパートを見たり。目から入る情報ってやはり大きく、色々な気づきがあって面白いです。「指揮者はここでこっち見てキュー出して来るだろうな」という所ではこちらから睨み返したり(睨むというか…分かってますよ的な)。多分みなさんも暗譜してると思うので、残り10日ちょっとですがやってみてください。

このチャイ5は僕が楽器をを始めた小4の時から「いつかやりたい」「この曲を演奏するまでは死ねない」という曲でした。なので今回演奏できていることがとても嬉しいです(ホルンでは無いですが)。なので悔いなく終えられるよう、残りの練習を大切にしていきたいです。

長々と失礼しました。次の練習も頑張りましょう。

23P Cb 飛石健吾
スポンサーサイト



ページトップへ