僕はこれまで4曲学指揮をしてきましたが、実は結構、お客さん気分でいました。「お客さん気分」というと受け身でやってる、みたいな印象を受けますがそういうことではありません(そうじゃないのは皆さんの方がよく分かっていると思います)。楽器を持たずに皆さんの演奏を聴く立場でいられる、という意味での「お客さん」です。皆さんが上達していく過程を一番近くで見てきているのだから、誰よりも本番で感動できる、ある意味最も恵まれたお客さんなのではないでしょうか。表立って言ったことはありませんが、皆さんがいろいろ自分なりに考えて毎回のtuttiに臨んでいるのはとてもよく伝わっていました。だからこそ期待していろいろ厳しいことや分かりにくいこともたくさん言いましたが、それでもついて来てくれてありがとうございました。皆さんと一緒に「ここどうしよっか?」とか言ってる瞬間にとてもやり甲斐を感じる2年間でした。本番では今まで通り、演奏者として、そして「お客さん」として、皆さんと演奏する時間を噛み締めたいなと思います。

…というのが、学指揮引退の時に言おうと思っていたことでした。こんなこと喋っていたら、下手したら泣いちゃったかもしれないので部日誌で言うことにした次第です。

曲の話をすると、今回のレプレは演奏自体が難しいからか、いつにも増して個々人の完成度が高いように感じます。特にホルンなんて新入生だらけなのによくぞここまで、と初回から感じ入ったのを今でも覚えています。弦のトップ軍団がちょくちょくアイコンタクトでアンサンブルするのも素敵ですね。200小節目からのホルン、オーボエ、クラリネットのソロはブラボーと言う他ありません。他にも皆さんが輝いていた瞬間はたくさん覚えていますが、ここでは長くなるので打ち上げで直接言いに行きます。

僕は入部が21の代と同じタイミングだったので、気づいたら幹部になっていて、気づいたらもう幹部上です。そんな短い期間でしたが、皆さんからはたくさんの思い出を貰いました。直近のことで言えば合宿ですね。よく弾いてよく遊び、と言った感じで大変充実していましたし(合宿を復活させた渡辺に感謝!)、かぼいちで初めての誕生日会も開いてもらいました。気の置けない友達、後輩、先輩と浴びるように酒を飲んで時には言い合いになったのも大切な思い出の一つです。入部当初はこんなレベルの低い団体なんて、と思っていましたが、そういった楽しい日々を積み重ねるにつれ、どんどん離れ難くなっていってしまいました。行き詰まった時の寄る辺となるのは結局そういう、楽しかった記憶なのかもしれませんね。

先輩として後輩にメッセージをいくつか。まずは次学指揮をやる3人へ。まあ頑張れと言わなくても勝手に頑張るでしょうから、敢えて頑張りすぎるなと言っておきます。1人でヒートアップしても仕方ないですから、みんなと足並み合わせて、できない箇所は一緒に考える、でも言うべきことは言うみたいなスタンスで丁度いいのかなと思います。バイオリンパートの皆さんへ。練習していて行き詰まることは必ずあると思います。僕もイザイ練習していた時は余りにも出来なさすぎて怒ったり泣いたりしていました。そんな時こそ、基本と初心と、自分が積み重ねた時間を思い出すといいと思います。それ以外の皆さんへ。皆さんが頑張っているところは必ず誰か(特に学指揮)が見ているので大丈夫です。

結局長くなりましたが、こうやって喋り始めたらだんだんヒートアップしてくるところも僕らしくていいんじゃないかなと思います。幹部上になっても6プルくらいから皆さんのことを温か〜く見守っています。それではこの辺で。

20M Vn/学指揮(スラヴ行進曲/交響曲第6番《悲愴》(チャイコフスキー)/交響曲第1番(カリンニコフ)/交響詩《前奏曲》)
後藤 慧太郎
スポンサーサイト



ページトップへ