お疲れ様です!今回の春定でメイントップを務めさせていただきます、Trpパート23N青木萌々歌です。今日はアンコールとチャイ5(1.2楽章)の先生tuttiでした。

 私自身、メイントップをやることが決まった時、本当に覚悟があるのか、自分で自問自答していました。1stを吹いてみたいという中途半端な気持ちだけでは、トップの役割は務まらないと思っています。この半年感、私なりにチャイ5と向き合って、チャイコフスキーはこの場面では何を伝えたいかなど調べてみました。フレーズの背景や意味を知っておくと、ただ楽譜とにらめっこするよりも、どうゆう風に吹けばいいのか理解が深まります。そして、練習していく上でいつも実感することがあります。それは、たくさんの人の支えがあるから曲が成り立っているということです。例えば、Trpがメロディーで吹いている所も、他のパートの裏メロやリズム隊、伴奏があるからこそTrpのメロディーが華やかに際立って聞こえるということです。『個人プレーに走らない』というワードがありますが、前文の意識を持つだけでだいぶ変わると思っています。まわりとの一体感を持ちながら、その中でも今自分はどのくらいのレベルの音量を客席に届けるべきかを考えて演奏しようと思っています。
 1年生でまだまだ未熟ですが、だからこそ、この春定でチャイ5で成長したいと思い、メイントップをすることに決めました。そしてその役割を全うできるように日々努力中です。合奏中に音が小さい!!と先生に言われ、凹むこともありましたが、その的確な指導や指摘には感謝しかありません。先生以外にも、先輩たちや同期にも感謝の気持ちでいっぱいです。先輩たちのアドバイスや多くの人の支えのお陰で1日1日、本番に向かって進歩を続けられています。私はこのおんぶの温かい雰囲気が大好きです。本番までに自分自身もっと改善して、本番では1番良い演奏をしようと思っています!あと2週間"しか"じゃなくて、2週間"も"練習できます。

 長くなりましたが、最後まで見ていただきありがとうございました..! これからもよろしくお願いします!最後は笑って終われるように全力で頑張ります!!

23N青木萌々歌
スポンサーサイト



ページトップへ